JGAA(日本粒鍼療法協会)について

成り立ちや、どういった理念のもと活動しているかをご紹介

 

大きな病気になる前の状態を未病といいます。
日々の不調を「未病」の段階で自分自身でコントロールして行けば、
毎日元気に活き活きと活動することができるようになります。

 

 

自らの病気を予防するということは、

自分自身の生き方を積極的にコントロールしていくことにつながります。

 

 

20年8万人の施術から生まれた

独自耳つぼ療法です。

 

日本粒鍼療法協会JGAAの公式Webサイトへようこそ。 代表の葛城樹花子です。
はり・きゅう師国家資格の取得以来、身体と精神、さまざまな治療技術を学んで20年。
延べ8万人の方々に施術をさせていただきました。
この経験と実績から生まれたのが、オリジナルの粒鍼を耳に貼る「耳つぼ療法」です。

 

JGAA

いっしょに学びませんか?

 

耳という小さな器官から全身に作用する「耳つぼ療法」の手技をいっしょに学びませんか?
どなたでも実践できるカリキュラムとなっています。

JGAA代表

協会長 葛城樹花子

葛城 樹花子

1997 明治国際医療大学3年在学中にはり師、きゅう師国家資格取得。
基礎医学、臨床医学、漢方を学ぶ。


1999 はり・きゅう治療院「樹花堂」を熱海で開業。
さらに美容鍼、薬膳、耳鍼、整体、メディカルストレッチを学ぶ。


2013~ JGAA(日本粒鍼つぶはり療法協会)設立。
「耳つぼ療法」で現代の未病を改善し、多くの施術師と指導者の養成をめざす。

まずは気軽にご相談ください

講座申込み・体験会・ご質問・ご相談など
各種お問い合わせ

JGAA

この内容で送信します。よろしいですか?